うつ病にはレベルがある、軽度の状態で治療しよう

うつ病の解釈の違い

うつ病は一種類と解釈している方も多いですが、うつ病は風邪のようにある症状群にたいする広い名称のことであり、この症状次第では様々な種類があります。効果的な治療法も全く異なります。

詳細を確認する

症状別うつ病

うつ病の種類は症状で分類されています。うつ病と診断される前でもうつ病に似た症状がでる場合がありこの状態を抑うつ状態と呼びます。また非定型型うつ病や大うつ病などがあります。

詳細を確認する

大うつ病性障害とは

うつ病の種類の中に大うつ病性障害があります。大うつ病性障害とは2週間以上うつ病の典型的な症状である食欲不振と無気力などの症状が現れることを指し、慢性的なうつ病になります。

詳細を確認する

うつ病の種類と数

うつ病と一言で言っても様々なうつ病があり、その数は多く存在しています。例えば緊張したときに出てしまう緊張性うつ病などは多くの方が経験したことがある一時的なうつ病として有名です。

詳細を確認する

うつの種類

うつ病には種類があります

ストレスの多い現在社会では、誰でもちょっとしたきっかけでうつ病にかかってしまう可能性があるのです。一口にうつ病と言っても、種類によって細かく分類されています。 1.重症度による種類 ・軽度のもの ・中度のもの ・精神症状(幻覚・妄想など)を伴わない重度のもの ・精神症状を伴う重度のもの ・その他 仮面うつ病:身体の不調(めまいや吐き気)などを主な症状とするものです。 非定型うつ病:通常抑うつ状態が2週間以上続く場合うつ病と診断されますが、何か楽しいことがあった時には一時的に抑うつ状態改善されるものです。 初老期うつ病や更年期うつ病:社会環境や家庭環境、またはホルモンバランスの変化によって抑うつ状態に陥るものです。 2.症状の現れ方による種類 ・単極性:抑うつ状態だけが現れます。 ・双極性:抑うつ状態とそう状態の両方が現れます。 3.初めての発病か、再発かによる種類 ・単一性:初めての発病 ・反復性:2回目以上の発病 この病気の治療には、休養、服薬、カウンセリングを行うのが一般的で、抑うつ状態の重症度、症状、種類によって、処方されるお薬の内容も異なります。

生活の中でできる予防が大切です

仕事や学校における責任や課題に押しつぶされそうに感じ、職場やプライベートで感じる人間関係のストレス、通勤・通学の電車はいつも満員で、ほっとできるはずの家庭でも何らかの問題があってくつろげない。よくある状況ですが、これらのストレスが私達の脳に悪影響を与え、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質減ってしまうことによって、気分が落ち込む、何もやる気が起こらないという状態が起こると言われています。またうつ病に関連する遺伝子も発見されていますが、この遺伝子が存在すると100%この病気になる訳ではありません。この病気は様々な要因が複雑に絡まって発症することが知られています。 それではうつ病を予防するにはどうすればいいのでしょうか。 1.ストレス発散:友達と話をしたり、映画を見に行ったり、日記に自分の気持ちを書いてみたり、どんなことでも構いませんのでストレスを溜めないようにしましょう。 2.運動:運動することでセロトニンの分泌が促進され、運動するだけで気分がよくなるのです。 3.考え方を変える:ポジティブに物事を捉えるように心がけましょう。ポジティブな人は、病気にかかりにくいのです。

うつの症状も様々な種類がある

ひとことにうつ病と言っても、症状は様々で、かつ、症状によってまた違う病名が付けられています。原因が不明なものもまだ多く、時代が進むごとに病名も変わっているほどです。例えば以前、精神分裂病と呼ばれていたものは、統合失調症になっています。漢字だけで見れば、ずいぶんとイメージが違います。それだけ、うつ病はまだまだ未知の分野なのです。統合失調症、双極性障害、パニック障害、境界性人格障害、適応障害など5種類挙げましたが、あなたは何種類ご存知でしたか。実際にはまだまだたくさんの症状があり、そのため原因も様々です。例えば、頭が痛いから頭痛薬を飲めばいい、というような安直な処置ができないのです。そしてうつ病は決して1人では治せません。これだけ種類があるのですし、専門の医師でさえ、判断が難しい症例があるほどです。

うつ病と向き合うために

まずは専門の医師にかかるのがよいでしょう。いきなり精神科、心療内科にかかるのは気が引けるという方は、内科から受診しましょう。よくあるのは、緊張している時や、嫌な状況が迫っているなどのとき、おなかが痛くなるという症例です。内科に行って、不安や心配から胃や腸が荒れているという原因が見つかればそれを治療すればいいだけですし、特に原因が見当たらない場合は、心療内科を紹介してもらえます。自分の身体の不調がどこから来るものなのか、その理由を知るだけでも気持ち的にスッキリするのではないしょうか。うつ病にはたくさんの種類があります。早く元気になる方法を症状ごとに知っているのは、やはり専門の医師なのです。昨今、心療内科はとても人気で予約しないと受診できない病院もあるほどになりました。うつ病の早期治療は、早く元気になる一歩です。そうかもしれない、思い当たることがあれば行ってみましょう。

うつ病のタイプ

うつ病にはタイプ分けがあります。このタイプでも細かく細分化されており、症状によって異なってきます。大別するとメランコリー型と非定型で分けることが出来、性格でなる確率が変わります。

詳細を確認する

TOP